--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.09.01 (Mon)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版 

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版

出演:ダニエル・ラドクリフ(Daniel Radcliffe)/ルパート・グリント(Rupert Grint)/エマ・ワトソン(Emma Watson)監督:デイヴィッド・イェーツ(David Yates)レーベル:ワーナーエンターテイメントジャパン(株)販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ発売日:2007年11月21日メーカー品番:DLXY-20897ディスク枚数:3枚(DVD3枚)収録時間:-/-/-このアーティストの新着メールを登録するシリーズ最終章へ向け、よりドラマチックに!クライマックスへの鍵を握る第5章は必見!!【ストーリー】ついに魔法戦争勃発!ヴォルデモート卿が復活するも、それを信じない魔法省は真実から人々を遠ざけ、しかもホグワーツを監視するために闇の魔術に対する防衛術の新任教師としてドローレス・アンブリッジを送り込む。ところがアンブリッジの教える防衛術は、迫り来る闇の魔術に対してあまりにも不充分だった。ロンとハーマイオニーに説得されたハリーは有志を集め、ダンブルドア軍団を結成して秘密の特訓を開始する。善と悪がぶつかり合う頂上決戦が始まる…⇒『輸入 ハリーポッター 不死鳥の騎士団 2008カレンダー』⇒ニンテンドーDS用ゲームソフト『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』いよいよ完結・第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』翻訳家・松岡佑子さんがたっぷり語る今だから話せる『ハリー・ポッター』10年の思い出!【解説】“- 史上最強のファンタジー" - Peter Travers, ROLLING STONE壮絶なバトルがついに始まる!ハリーの本当の秘密、解禁。【ストーリー】ホグワーツ5年生となったハリーを出迎えたのは、周囲の白い目と新聞のふざけた見出し。ハリーがヴォルデモートの復活話をでっちあげたと書きたて、ハリー・ポッターならぬハリー・プロッター(策略家)と糾弾する始末。更に悪いことに、魔法省大臣コーネリウス・ファッジが闇の魔術に対する防衛術の新任教師として送り込んで来たドローレス・アンブリッジの“魔法省お墨つき"の授業は、ホグワーツに迫り来る闇の魔術に対しては不十分であった。そこでハリーはロンとハーマイオニーに説得され、有志を集めて“ダンブルドア軍団"を結成、厳しい監視の目をかいくぐりながら、きたる壮絶な決戦に備えるべく秘密の訓練を開始する。[2][3]特典ディスク約166分に及ぶ豪華映像特典を収録!●Disc1:本編●Disc2:映像特典・未公開シーン集・メイキング・トンクスと行く不思議ツアー・編集にチャレンジ●Disc3:映像特典・メイキング1~3画面サイズ:シネスコサイズ=16:9LBリージョン:2色彩:カラー言語:英語(オリジナル言語)/日本語(オリジナル言語)音声方式:ドルビーデジタル5.1chサラウンド(吹替音声方式)/ドルビーデジタル5.1chサラウンド(吹替音声方式)字幕言語:日本語字幕/英語字幕/吹替字幕制作国:英国制作年:2007年タイトル(英名):『HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX』[Disc1]『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版』/DVD出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン ほか監督:デイヴィッド・イェーツ脚本:マイケル・ゴールデンバーグ原作:J.K.ローリング「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」[Disc2]『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版』/DVD[Disc3]『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版』/DVDこの商品の関連ジャンルです。 ・DVD> 洋画> ホラー・SF
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト
EDIT |  11:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

_

カテゴリ

CalendArchive

天気予報

プロフィール

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

flash時計「dgwatch」

最近のトラックバック

_

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。